• ホーム
  • 朝の勃起は勃起障害のリスク判定に、新薬で性生活改善

朝の勃起は勃起障害のリスク判定に、新薬で性生活改善

2020年02月22日

朝立ちは性機能の健康を調べるのに便利なサインです。毎日元気に朝立ちする男性は、勃起障害とは無縁です。
生理現象の一つですが、無意識の状態でも血液がきちんとペニスまで細かく流れこむ事が実際に証明されますので、毎朝パンツにテントが出来ていれば、当面勃起障害の心配はないと判断出来ます。
思春期の頃から朝立ちは見られる現象であり、性機能が安定している限り、男性は高齢になっても下着にテントを作れます。

近頃、朝立ちした覚えがまるでない、という男性陣は少し勃起障害の危険があるかもしれません。
朝立ちは生理現象であり、本番であるセックス時に普通に勃起出来れば問題は無いでしょう。
ただ肥満や動脈硬化などの肉体的要因によって無意識的な勃起が妨げられていると、朝立ちが出来ない下半身となり、将来的に勃起障害になってしまいます。

セックスしたい気持ちがあり、愛する女性を前にしてもペニスがきちんと勃起出来ない場合は、既に勃起障害になっている危険度が高いです。
勃起出来ない日々が続ければ、性生活が自然と無くなり、夫婦仲も冷え込んでしまいます。

ただ、必要以上に心配する必要はありません。
バイアグラやレビトラ、シアリスなどの新薬を受け取り、性生活の直前に使用すれば、元気だった頃のように勃起が普通に進められます。

新薬は3個ありますが、バイアグラとレビトラの2個はスピードタイプで、シアリスはスタミナタイプとなります。
同じ新薬でも薬効が違いますので、適当に選ぶのではなく、勃起のスピードとスタミナのどちらを取るか、よく夫婦で話し合いましょう。

シアリスはいつでも飲める新薬であり、食事に耐性があり、副作用の内容も大人しいです。
更に効果が1.日以上継続する等、初心者に合う仕様を持っていますので、全くどれが良いか分からないという方に推奨されています。

関連記事
EDに効く料理はある?

深刻なED状態であれば、医師による綿密なカウンセリングが必要ですが、一方で軽度の勃起不全であれば家庭での改善が可能です。男性機能は、その名前とは裏腹に極めてデリケートです。仕事での疲労、人間関係でのストレスが続けば一時的にED状態に陥ります。強い疲労感を抱えた数日間、ペニスが普段通り勃起しなくなる事...

2020年05月21日
前立腺癌等の術後の勃起障害と対策としてのED治療薬

勃起障害とは分かりやすく喩えれば、下半身が動脈硬化を起こしている状態です。人の身体は常に血液が循環しています。心臓がポンプの役割を担い、血液は川の流れのように常に動き続けているのです。下半身が冷えやすい方、普段から運動不足の方などは下半身への血液供給が滞りやすい体質です。勃起障害と冷え性、運動不足と...

2020年04月17日
勃起障害になった時の治療法

勃起障害になってしまった場合にはその治療法が少なからず気になるところとなってきますが、この治療法について誰にでも必ず効くものがあるのかと言われるとかなり難しくなってきます。もちろん勃起障害を一時的に改善するということであればバイアグラをはじめとする薬の服用が選択肢になりますが、例えばそもそも陰茎部の...

2019年11月20日
日本で認可されている勃起障害の治療薬と併用禁忌薬

日本では現在3種類の勃起障害の治療薬が認可されています。まだドラッグストアなどでは販売されておらず、病院で処方してもらうか海外医薬品の個人輸入を利用して入手する事になりますが、服用する事によって一定の効果が期待出来る物となっています。また1日に1回、さらに常用する必要がない薬なので依存性も低いという...

2020年03月19日
皮膚疾患が影響した勃起障害に精力剤を有効的に活用

神経や血管に何らかの疾患があると正常な勃起が得られなくなり、勃起障害になります。疲れが溜まっている時や、性交渉にトラウマがあるなどコンプレックスが神経や血流量に影響したり、体の障害、糖尿病や前立腺肥大など他の病気がかかわっている場合もあります。皮膚疾患があったりすると体を人に見られることに不安を感じ...

2020年01月09日
勃起障害のセルフチェックと克服する方法

勃起障害をセルフチェックするには、次の項目を参考にします。最近6ヶ月で「勃起を維持する自信の程度」「性的刺激を受けた際、何回挿入可能な硬さになったか」「挿入後、何回勃起を維持できたか」「性交終了まで勃起を維持するのはどれくらい困難だったか」「性交を試みたときに何回満足できたか」の5項目です。これを5...

2020年01月25日
海外で流通する勃起障害の治療薬

勃起障害は男性器の勃起に関わる病気で、満足な性行為ができない状態のことを指しています。基本的には勃起ができない、勃起してもすぐに萎えてしまうといった症状で、生活習慣やストレスといった様々な要因によって起こります。泌尿器科や専門のクリニックでは、勃起障害の改善として処方される治療薬がありますが、主に3...

2019年12月15日
勃起障害と性欲低下について

勃起障害とは、主に満足な性交渉を行うのが難しい、勃起に対しての障害と理解されることが多いようです。勃起が実現されるためには、まずは性的刺激を感じることが必要です。そしてそれが脳からの信号となって陰茎に伝わり、陰茎海綿体の動脈にじゅうぶんな量の血液が流れ込むことで勃起は実現されます。ですから心と体の両...

2019年11月30日