• ホーム
  • 株主優待はないがカシオは事業を国別に見ながら投資

株主優待はないがカシオは事業を国別に見ながら投資

カシオは登記上の正式な社名はカシオ計算機です。
カシオはここ数年の間も株価が右上がりに上昇し続けている企業ですので、投資には間違いがありません。
なお、品物的な株主優待はありません。
カシオはもともと正確な時計で国内外で多くの信用がありますが、最近の新製品としてはGPS機能と世界の標準電波受信機能の両方を備えた機種が圧倒的な人気を集め続けています。
機能が2つですからハイブリッド種と呼ばれています。
また最近ではスマートフォンと連携した時計も注目されています。
特に目を引くのはそれがアナログの時計なことです。
アナログ時計とスマートフォンをつなげて海外での時間を合わせることなどができます。
いずれもこの1年ほどで発売が開始された製品ですが、現在のところ株主優待には使われていません。
そしてカシオの特徴は、その国独特の人気商品があったりいろいろな国に販売会社を作ったりと、国別に違いがあることです。
投資する際には、どういう事業を行なっているか国別に見ていくとよいですし、国別の政情や経済事情でカシオに何か影響があるかにも注意していくといいです。
国別の人気商品としては、中国人の自撮り用デジタルカメラがあります。
カシオのデジカメはマルチアングルで多くの人を一度で撮ることができますし、外見を女性向けにしたものを発売したりしていますので、中国人観光客にも大変人気です。
国別の販売会社や工場としては、最近ではASEAN諸国が挙げられます。
いずれも最近経済が発展してきまして、いままで以上に電子辞書のような製品まで普及すると見込まれているからです。
マレーシアでは時計や電卓の現地販売会社、タイでは電子辞書の工場なども新設されています。
これには、現地の人を雇用して会社の支持を広げたり、中国工場のみだと何かあった時にリスクになるのでそれを避けるなどの理由もあります。
株主優待はありませんが、今後さらに注目すべき企業です。