打ち合わせしている人たち

株主優待とは、株主に対して自社製品やサービスなどを提供する仕組みです。
配当金は利益を分配するという概念で行われますが、そうではなくて広告宣伝という位置づけで行われています。
各企業が独自に制度を定めていますから、株主優待のない企業もありますし、ある企業もその方法は異なります。
多くの場合には最低単位が定められていて、それだけの株式を保有していれば優待を受けることができます。
例えば、100株保有していれば優待を受けられるというように単位が決まっているのですが、その単位は取引をするときの売買単位と同じであることが多いです。
企業によっては、保有している株数によって優待の内容が変わることもあります。
100株の場合と1000株の場合とでは、1000株のほうが優れた優待を受けられることもあります。
このあたりは企業によって大きく異なります。
実際に株主優待を受けるためには、権利日に株式を保有している必要があります。
権利日の大引けの時点で株を保有していることが必要とされます。
ずっと保有している必要はなくて、その日の大引けに保有していればよいですから、権利日の大引けで買って、翌営業日の寄りで売っても優待を受けることができます。
株主優待を受けられることは、投資家にとっては魅力的ですが、企業にとってもメリットがあります。
企業は、安定した株主が多くいるほうが経営を安定させられます。
そのため、個人投資家に対して何らかの優遇をしたいと考えているのです。
株主優待を目当てにして株主になる人もいて、気に入った銘柄はずっと保有するということも珍しくはありません。
そのため、株主優待は企業にとって一定の効果を生み出していると言えるでしょう。